2010年10月20日

妊娠率54%を誇る奇跡の妊娠術を、あなたもぜひ体験してください。 「赤ちゃん」という金メダルを手に入れるお手伝いをできることが、私にとって最高の喜びです


女性なら誰でも妊娠できる力を持っているのです。

M式バランス妊娠法

突然ですが、あなたにお聞きします!

● 不妊の原因がわからないのに治療は必要ですか?
通常の場合、一通りの不妊検査を受けて原因がわからなかった場合でも原因のある不妊患者と同じように治療を続けることになります。

● できれば自然妊娠したくありませんか?
私たち日本人は昔から「赤ちゃんは授かりもの」という畏敬の念を持って受け入れてきました。当然のことながら自然妊娠の可能性があるのであれば治療に頼らず、自然に妊娠したいと思うのも当然の感情です。


● 薬の副作用に耐えられますか?
タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微受精等のいずれの方法にも薬の投与があります。その副作用は頭痛や吐き気だけでなく、場合によっては心身喪失するほどの強い薬を服用しなければなりません。

● 治療費が高くて経済的に辛くありませんか?
2004年4月から不妊治療費助成制度が始まりました。この制度は不妊治療を受けている夫婦の経済的負担を軽減するため、国と自治体が治療費の一部を支給するというものです。
しかし、対象となる治療法や治療回数が限られていたり、助成期限が設定されていたりと色々な制限がある上に、地域によって助成内容も違います。
参考までにおおまかな治療費と妊娠率を掲載いたします。
この表を見ていただくと、妊娠率54%がいかに驚異的な数字か実感していただけるかと思います。
このように、不妊治療はあなたが思っているより大変なことなのです。

病院で行う不妊症検査の内容としては初診を含め、低温時期・高温時期に行う検査や排卵期に行う検査など、その時の状態によって大きな違いがあります。基本的な検査としては、膣鏡を使っての子宮頸部や子宮の出口の観察などが一般的です。

また、子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮内膜症などの疑いがある場合は指を使ってお腹と腟の両側から直接子宮や卵巣を調べることもあります。低温時期に受ける検査として、ホルモン検査や子宮卵管造影検査(かなりの痛みを伴ないます)、卵管通気検査、高温時期に受ける検査として、黄体ホルモン検査や子宮内膜組織検査、排卵期に受ける検査として、フーナーテスト等が挙げられます。

その他、超音波検査(経腹超音波、経膣超音波)、抗精子抗体検査、子宮鏡検査、腹腔鏡検査 LH検査・・・「不妊治療」と簡単に言っても、実にこれだけの種類の検査があるのです。

しかし、これは不妊治療のスタートでしかありません。辛い検査が終わったら、今度は本格的な治療が始まります・・・
不妊治療の中で、もっとも基本的なのがタイミング療法となります。こちらは最も一般的な治療法ですが、正直あまり効果は期待できません。今はインターネットで何でも調べることができる時代です。この程度の知識なら自分で簡単に調べることができ、病院に行く前にすでに実践している方が多いからです。

妊娠率54% 有名産婦人科の院長が開発した奇跡の妊娠術


その他一般的なものとしてよく知られているものが人工授精、体外受精です。

しかし、いずれにしても精子の状態を調べることになります。
(乏精子症、精子無力症)

それは運動率の良い、元気な精子だけを選んで注入する必要があるからです。
この「精子の状態を調べる」という検査に対し違和感をもつ男性が非常に多いのです。

また、体外受精は健康保険が受けられませんので一般の不妊治療に比べると、高額な費用が必要となります。(上記表参照)このような検査、治療だけでなく、医師との相性も重要な要素のひとつです。
実際に私の勤めていた産婦人科は非常に有名でしたので、医師との相性が合わずにセカンドオピニオンで来院する患者さんも多数いました。

しかし、病院によっては最も簡単なタイミング療法のみを指導する医師、高額な費用が掛かる人工授精を簡単に勧める医師など、医者としての資質が問われるような人間がたくさんいるのです。

不妊治療の恐ろしいところは、「不妊治療は気長にゆっくりと時間をかけて行うもの」と最初に宣言されてしまうため、強制的に病院に行かなくてはいけないというような状況が作り出されてしまうのです・・・

このように不妊治療は精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも非常にストレスが溜まることなのです。この辛い「不妊治療」をあなたは乗り越えることができますか・・・


あなたは今、このような悩みを抱えていませんか?
結婚後2年が経過し、夫婦生活はあるのに妊娠できない・・・
自分は子供のできない身体なのではないかと考えてばかりいる・・・
親に会うたびに早く孫の顔が見たいとせがまれる・・・
最近では、兄弟や友人の子供を見るだけでストレスに感じる・・・
夫は仕事が忙しく、将来についてゆっくり話し合う時間もない・・・
不妊の原因は私じゃなくて、夫にあるのではと考えてしまう・・・
病院の治療が怖い、気が進まない・・・
病院の中の暗い雰囲気だけで、気が滅入ってしまいそう・・・
治療費が高額で経済的に辛い・・・
愛する夫との子供が早くほしい・・・


このような悩みを抱えている方が世の中にはたくさんいるのです。そして、妊娠することは難しいことだと捉えてしまっているのです。
しかし、妊娠することは決して難しいことではありません。

そうです。ある方法さえ実践すれば・・・

その究極の方法がM式バランス妊娠法なのです!


女性なら誰でも妊娠できる力を持っているのです。
女性として生まれてきたあなたは、妊娠できる力を持っているのです。しかし、その方法を知らないだけなのです。私がこのホームページを立ち上げた理由は簡単なことです。

「あなたに不妊の悩みから開放され安心した生活を送ってほしい」
「あなたに自然妊娠で、元気な赤ちゃんを授かってもらいたい」
「あなたに、赤ちゃんが生まれることで明るい笑顔をとり戻してほしい」
たった、それだけのことなのです。

また、M式バランス妊娠法を不妊で悩んでいる方々に広くPRする良い機会とも考えています。


妊娠するためには・・・
妊娠に対して、正しい知識を持つことが必要です!
妊娠する身体を作ることが必要です!
「絶対に妊娠する」という心の切り替えが必要です!
心と身体(精神・肉体状態、食べ物)のバランスを保つことが必要です!
他人の言葉を気にしない、振り回されないという強い意志が必要です!
パートナーの理解、信頼関係が必要です!

どうですか?あなたは、これらすべてを実践できていますか?
しかし、これらの条件は妊娠するにあたり非常に重要な要素となるのです。

これが妊娠力です。

この妊娠力を付けることが、赤ちゃんを授かる近道なのです。

妊娠率54% 有名産婦人科の院長が開発した奇跡の妊娠術

posted by 鈴木 麻美 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんを授かる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。